特集記事

  • 聞く力を高める傾聴力
    聞く力を高める傾聴力

    コミュニケーション力を上げるために不可欠なのが、聞く力、傾聴力です。聞く力をトレーニングしましょう。

  • 日頃からできる面接の準備
    日頃からできる面接の準備

    コミュニケーション力は日常生活の中で意識的にトレーニングして、企業面接に備えましょう!

伝えるだけでは不十分

伝えるだけでは不十分

「話す力」だけではない

コミュニケーション力というと、誰とでもうまくしゃべることができるとか、自分の言いたいことを伝えられるとか、「話す力」ばかりが重視される傾向にあるようです。確かに「話す力」が重要なことは間違いありません。口下手なばかりに伝えたいことが伝えられなかったという経験をした人も多いのではないでしょうか。
そして、これでは就職なんておぼつかないと不安を抱えているのではないでしょうか。実際、仕事を始めるといろいろな年代の人とコミュニケーションを取らなければなりません。会社は組織である以上、単独で物事は進められませんので、周囲に自分の意思を伝えるための「話す力」が重要になってくるのは確かです。しかし、それと同じくらい、もしかするとそれ以上に必要な能力があるのです。それは「聞く力」と「読む力」なのです。

「聞く力」

組織においては自分の意思を伝えるだけではだめです。
「話す力」ばかりを重視して、相手の意思を「聞く力」を軽視している人をよく見かけますが、これはコミュニケーション力があるとはいえないのです。自分が相手に意思を伝えたいと思っているのなら、相手も自分に意思を伝えたいと思っているのです。自分のことばかり話して人の話を聞かない人に、積極的にかかわりたいと思うでしょうか。自分勝手な奴だと悪印象を与えてしまうのがオチです。自分の話を聞いてもらおうと思うのなら、相手の話にも耳を傾けないとダメなのです。それも、ただ単にのんべんだらりと話を聞くのではありません。ちゃんと興味を持って聞く必要があります。相手の話にしっかりと耳を傾けて、気持ちを汲み取るように聞かなければなりません。
これを「傾聴」といいますが、この傾聴ができるかどうかが就職活動では重視されるのです。人の話を聞くことができない人は、仕事でも自分勝手なことをして、失敗するとみなされてしまうからです。

「読む力」

そしてもう一つは「読む力」、相手の意図を上手に汲み取る力です。
仕事で指示を出されたときに、相手の意図をうまく汲み取れなければ、相手の意図とは違うことをやってしまい、仕事上の失敗の原因になってしまいます。就職活動での面接は、実はこの「読む力」を見極めているのです。面接官の質問の意図をちゃんと汲み取っているか、それに対して適切に対応できているかをしっかり見ています。気づいた人も多いかもしれませんが、この「読む力」をつけるためには「聞く力」が不可欠です。相手の意図を汲み取ることは、ちゃんと人の話を聞いていないとできないからです。上にも書きましたが、「話す力」ばかり重視していると、残りの2つがいつまでたっても磨かれません。最近の学生はその傾向が強いと指摘している面接官もいます。「聞く力」と「読む力」を重視して鍛えていくことが就職活動、そして社会人としての成功に結び付くのです。