特集記事

  • 聞く力を高める傾聴力
    聞く力を高める傾聴力

    コミュニケーション力を上げるために不可欠なのが、聞く力、傾聴力です。聞く力をトレーニングしましょう。

  • 日頃からできる面接の準備
    日頃からできる面接の準備

    コミュニケーション力は日常生活の中で意識的にトレーニングして、企業面接に備えましょう!

内定に繋がるアルバイト

内定に繋がるアルバイト

スキルやマナーが身に付いたかどうか

アルバイトを経験しておいたおかげで就職活動で有利になったという話はよく聞くかと思います。実際にアルバイトの経験は就職活動を有利にすることはできますが、ここで注意したいことは、ただアルバイトをしていれば有利になるわけではないということです。重要なことは、アルバイトによってスキルやマナーが身に付いたかどうかなのです。そしてそれを説明できるかどうかが重要になります。
まずはマナーやコミュニケーション関係から見ていきましょう。アルバイトをすることで身に付いたマナー、あるいは基本的な挨拶、人とのコミュニケーションといったことは、会社に入ってからも活かすことができますので企業の採用担当者も重視します。すでに社会人として必要なマナーなどがある程度身に付いているのであれば、その時点で他の人とは差をつけたことになりますので採用で有利になるでしょう。
次にスキルについてです。もしアルバイトで身に付いたスキルがその企業にとって必要のないものであっても、その人には「スキルを身に付けられるスキルがある」という証しになります。またスキルを身に付けるためには努力や経験が必要なため、その人は努力のできる人ということで認められることになりますので、アルバイトでスキルを身に付けられるかどうかは重要なことなのです。アルバイトをするのであれば、就職活動で有利になる「スキルやマナーが身に付くアルバイト」をするべきでしょう。

接客業経験はアピール要素

就職活動をしていると、学生にコミュニケーション力を求めている企業が多いことに気付かされると思います。ではコミュニケーション力はどのようにしてアピールすればいいのでしょうか。
コミュニケーション力もアルバイトの経験によってアピールすることができます。とくに接客のアルバイトをしていた方はアピールしやすいでしょう。接客の仕事は様々な人に接する仕事ですから、言葉遣いが重要になることはもちろん、相手によって臨機応変に対応することが求められる仕事です。接客の仕事をこなせるということは、コミュニケーション力があるという立派なアピールになります。さらに面接の際に、接客によってその場を上手くおさめたような話をすることができれば、採用担当者もあなたの力に対する評価はさらに上がるでしょう。

販売業の経験もアピールに

販売のアルバイトも就職活動で内定を得るためのアピールになります。ただし、ただ販売経験があるというだけでは何のアピールにもなりません。販売のアルバイト経験をアピールするためには「そのアルバイトによってお店に対して具体的にこのような貢献をした」という話をする必要があります。たとえば何か商品を売る際に別の商品も合わせて一緒に売るのが得意だとか、そういった話でかまいません。そういった具体的な話があると、採用担当者も商売のコツを知っている人、あるいは販売の戦略を任せられそうな人として評価を上げてくれるでしょう。