特集記事

  • 聞く力を高める傾聴力
    聞く力を高める傾聴力

    コミュニケーション力を上げるために不可欠なのが、聞く力、傾聴力です。聞く力をトレーニングしましょう。

  • 日頃からできる面接の準備
    日頃からできる面接の準備

    コミュニケーション力は日常生活の中で意識的にトレーニングして、企業面接に備えましょう!

レベルを上げるならスタバ

レベルを上げるならスタバ

就職活動で有利になる

スターバックスコーヒーは日本全国に店舗をかまえるコーヒーチェーンとしてよく知られています。スタバの愛用者はとても多く、会社に行く途中や昼休み、学校や会社の帰りなどにちょっと寄って行くという方は多いと思います。このスタバの店舗には社員だけでなくアルバイトがかなり働いています。スタバのアルバイトというと「就職活動で有利になる」という話を聞いたことはないでしょうか。実際にスタバでアルバイト経験があると就職活動で有利になるのです。他にもコーヒーチェーンはあるのにどうしてスタバでアルバイトをすると就職活動で有利になるのでしょうか。ここではその理由やメリットを紹介したいと思います。

コミュニケーション力を向上させる

企業は面接などにおいて学生の様々な能力を見てきます。どのような職種においても重視されるのはコミュニケーション力でしょう。実際に就職活動をすると、学生に対してこの力を求めている企業が多いことがわかるかと思います。スタバでアルバイトをするとコミュニケーション力を向上させることができます。これは企業へのアピールになりますから就職活動で有利になるというわけです。ではなぜスタバでアルバイトをするとコミュニケーション力が上がるのでしょうか。
スタバでアルバイトをすると、自分でお客様の様子を見てそこから何が必要なのかを察するように教育されます。客のニーズを自分で発見することを求められるのです。実際に行ってみるとそれがわかります。たとえばコーヒー豆の売り場の前に立っていると必ず店員が挨拶しながら話しかけてきて、こちらが何を求めているのかをさりげない会話を通して聞いてきて、そのニーズに応えようとします。
このように人と接しながら自分の判断で行動する仕事をしているため、自然とコミュニケーション力は上がるのです。スタバのアルバイトを経験しているとコミュニケーション力が付いているというのは広く知られているため採用担当者もわかっているでしょうが、できれば面接の際にコミュニケーション力をアピールできる具体的な話ができるとよりいっそう評価は高まるでしょう。

自主性を持って行動をできる

スタバでアルバイトをすると、マニュアル通りの接客をすることは求められず、自分で考えながら判断するよう教育されます。お客さんの反応を見ながら自分で答えを出すのです。これによって自主性が育つのです。自主的に行動できるという点は就職活動でかなり評価され、有利になるでしょう。

責任感とやりがいを持ちながら

スタバではアルバイトであっても役職につくことができるようになっています。たとえば新人教育を担当する役職や、店舗の経営に関わる役職につくこともできます。アルバイトが役職につくことで責任が発生しますから責任感とやりがいを持ちながら仕事をすることができます。またそういった役職を目指そうという向上心を持って働くこともできます。責任を持って働くということは社会人にとって重要なことです。これが身に付いているということは就職活動で高く評価されるでしょう。