特集記事

  • 聞く力を高める傾聴力
    聞く力を高める傾聴力

    コミュニケーション力を上げるために不可欠なのが、聞く力、傾聴力です。聞く力をトレーニングしましょう。

  • 日頃からできる面接の準備
    日頃からできる面接の準備

    コミュニケーション力は日常生活の中で意識的にトレーニングして、企業面接に備えましょう!

自分で出来るトレーニング

  • 話す時はここに注意

    声の大きさと声のトーンは、会話をするにあたって何よりも大事なことです。口元から50センチ離したところにレコーダーを置いて、録音しましょう。聞き取れる大きさなら大丈夫です。話す速度も注意が必要です。1分間に400文字ぐらいの速度で話すのを心がけましょう。聞き手の態度にも注意しながら、相手と目線を合わせたり、ボディランゲージなどのアクションを入れることで会話に変化を出しましょう。声の大きさ、トーン、速度は実際に録音して、自分の基準を作るのが大切です。

  • 聞く力を高める傾聴力

    人と会話するのが苦手なら、相手の話を聞いてあげる傾聴をすると良いと言われています。一見簡単そうに思える傾聴ですが、意外と出来ていないことが多いものです。ただ相手の話を黙って聞いていれば良いと言う訳ではありません。まず相手の話に頷き、感情を込めた相槌をうつ、相手の言葉をそのまま繰り返すオウム返しで、相手が自分の事を客観的に見るための手助けをする、話題のきっかけ作りのために質問してみるなど、ちょっとしたコツを知れば傾聴力は自然に身に付けることが出来るのです。

  • 読み書きが上手くなる縮約

    文章を相手に分かりやすく、しかも短くまとめるという作業は簡単なようで中々に難しい作業です。縮約は、そんな文章を短くまとめる練習として最適な練習方法で、これをマスターする事でただ要約しただけの文章から更に一歩進んだわかりやすい文章を書く事が出来るようになります。縮約の一番簡単な練習法は、1400字程度の新聞の社説を縮約のルールに沿って400字にまとめる作業で、これを繰り返す事が縮約をマスターする第一歩となります。

  • ディスカッションで勝つ仮説力

    最近増えている企業のグループディスカッション。その場に慣れることを重視しすぎていませんか?もちろん、慣れは必要なことですが、それだけでは勝率を上げることはできません。仮説力を磨き、自分なりの結論をより早く導き出すトレーニングが大切です。仮説力を上げるには一人トレーニングが効果的ですが、さらに勝ちに近づけるために評価ポイントを抑えておくことも重要です。全ての面で得点を重ねることができればよいでしょうが、減点を防ぐ対策も必要です。