特集記事

  • 聞く力を高める傾聴力
    聞く力を高める傾聴力

    コミュニケーション力を上げるために不可欠なのが、聞く力、傾聴力です。聞く力をトレーニングしましょう。

  • 日頃からできる面接の準備
    日頃からできる面接の準備

    コミュニケーション力は日常生活の中で意識的にトレーニングして、企業面接に備えましょう!

聞く力を高める傾聴力

聞く力を高める傾聴力

傾聴とは何か

話すことが苦手な人は、まず相手の話を聞いてあげると良い印象を持ってもらえると言われています。しかし、実際にはきちんと相手の話を聞くというのは、案外難しいものです。当然、ただ黙って聞いていればいいというものではありません。あなたが黙ってしまえば相手は会話のやり取りが出来ていないと感じて、話をやめてしまうでしょう。
「傾聴」とは、相手の言葉や表情、声や動作まで観察し、相手の事を受け入れてあげる事なのです。相手が本当に思っている事を汲み取って、相手の話を引き出してあげることです。それは、自分の話をするよりも難しいことではないでしょうか。傾聴力を身に付けるためのちょっとしたコツについて、ご紹介します。

頷き、相槌をうつ

相手の話を聞いて、適切な合いの手を入れてあげます。簡単そうに思えますが、きちんと出来ていなかったりします。日常会話をするときにチェックしてみると良いでしょう。
例を挙げると、相手が相談事を持ち掛けてきた時、ちょっと内容を聞いただけで正論を持ち出してアドバイスしてしまいがちです。これでは自分の価値観を押し付けているのも同じで、相手を受け止めているとは言い難いものです。今まで、いかに相手のことを考えずに話をしてきたかに気づくはずです。ですが、まず気づくことが傾聴力を身に付けるために必要なことです。ただ反省するだけでなく、これから相手の話をきちんと聞こうと思うことが大事です。
頷きと相槌は、相手の話に合わせてバリエーションを持たせるのが良いでしょう。楽しい話の時は弾むように、悲しい話の時はトーンを下げるなど、感情がこもれば自然とバリエーションも増えるものです。

オウム返しをする

有効なテクニックのひとつに、オウム返しがあります。相手の言葉をそのまま繰り返して話します。こうすることで相手を否定することなく受け入れて、本心を引き出しやすくなります。
人は自分のことでも案外分からないものです。普段頭にあるのは楽しい・嬉しいなど喜怒哀楽の感情で、言葉として話している時には主観が強いのです。相手の言葉をオウム返しすることにより、相手は自分の事を客観視することができるのです。相手が悲しい話をした場合、あなたに話した時には悲しいという感情があるだけです。どうして起こったのか、解決のための手段などについて考えるには至っていません。オウム返しすることにより相手は自分の事を冷静に見られるようになり、前向きな答えを見つける事が出来ます。未来に目を向けた時点で、ネガティブな感情は起こりにくいものだからです。

質問をしてみる

相手の話を引き出すには、質問してみるのも良いでしょう。難しく考えず、話のきっかけとなるような質問です。休日どうやって過ごしていますか?などです。相手が答えたら更に掘り下げて質問していくのです。具体的な内容について尋ねていけば、ただの尋問のようにはならずきちんとした会話になるでしょう。
さらにどんな気持ちなのか、感情についても尋ねれば、相手の心をくみ取ることも出来ます。言葉に出して○○だと感じたのですね、と返してあげることにより共感し、相手の感情を理解することに繋がります。相手のことを理解したいという気持ちがあれば、自然と傾聴力は身に付くものです。